東京五輪マスコット3案発表! 審査員にあの〇〇さんがいたから安心⁉

ネガちょるです。

 

本日、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコット候補の3案が発表されました!

 

全国約2万校・28万クラスの小学生が1クラス単位で今月11日~来年2月22日の期間で投票し、1票でも多い得票作品が採用される。

今年8月、一般公募で集まった2042件から絞られたア、イ、ウの3案。五輪とパラリンピックのマスコットはそれぞれ対になっている。以下は、原作者が応募した際のマスコットプロフィルの要約。

引用:Yahoo!ニュース 東京五輪マスコット3案発表 小学生投票で選考

 

一般公募の中から選考されたものなので、プロフィールなども作者が考えたものとなっています。

 

「公式エムブレム」「ボランティア制服」などが散々問題になりましたが、今回は大丈夫なのでしょうか。

しばらくして「〇案は〇〇〇のパクリデザインだった!」などと言われないか心配です。

 

 

ネットでは「ウ案」に対して、『ジ〇ニャン』『ポ〇タ』などと言われています。

ですが、その辺は安心していいと思います。

 

 

何せ、デザインの選考をした「マスコット審査会」の中に

引用:東京 2020 大会マスコット デザイン募集のご案内 – Tokyo 2020

 

あのレベルファイブ「日野社長」がいらっしゃいます。

(むしろ日野社長の熱い「ウ案」推しがあったかも?)

 

 

 

ネットでは「ア案」と「ウ案」が人気のようで、その二択みたいな流れがあります。

これで「イ案」が採用されたら間違いなく炎上しますね。(決めるのは小学生ですが)

 

結果発表は来年2018年の3月ということで、採用された作者には‘賞金100万円(税込み)&開会式ご招待‘だそうです。

 

名前は来年の7~8月に発表ということで、専門家に決めてもらい、最終的に上記の「マスコット審査会」と作者の中で数案に絞り、なんやかんやで決定するそうです。

 

 

 

個人的にはどの案でも良いと思いますが、作られるであろう着ぐるみの事を考えると

「ウ案」が一番「着ぐるみ映え」するのかなと思います。

(中の人の動きやすさを考えると「ア案」かな?)

 

 

決めるのは全国の小学生達ですが、「大人の都合」が発生することがないよう祈っています。

 

 

 

【余談】

新国立競技場問題を最近見聞きしませんが、工事は順調なのでしょうか。

それならばいいですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です